【サッカーTRメニュー】「シュートドリル」

スポンサーリンク

こんにちは。

久しぶりにメニュー記事です。

今回はシュートドリルのTRを載せたいと思います。

【方法】

Aの選手がボールを2回配給します。

A’が予備動作を入れてくさびを受けて、ダイレクトでAに落とす。

AはB(もしくはC)の足元にパス。

Bはワントラップしてシュート。

続けてポストプレーをしたA’は左右どちらかにバックステップして開く。

AはA’の足元にパスをし、A’は遠い足でコントロール&シュート。

Aは次にA’に入るローテーション。

【KEY】

ドリルTRなので相手がいないので、なるべく動作を早く行うことを前提に。

A’の選手のポストプレーとプルアウェイの動きにこだわりを持って。慣れてきたらコーチがDF役としてリミテッドをかけても良い。

サイドのBとCは、受けるタイミングと1stコントロールの位置をシュートが打ちやすいところへ。

A’の最初の位置がオフサイドラインのイメージで、Aにパスを出させました。

【所感】

こちらはU-14の選手を対象に行いました。

人工芝のグランドであるにも関わらず、

ノープレッシャーなのにも関わらず、、

キックミスやパスミスが起こります。

目の前の選手によってTRのオーガナイズや強度を変化させるのは大前提ですが、

やっていて感じたのは、この子たちは単純なパス&コントロールのドリルを繰り返すよりも

シュートで終わるドリルTRにパスコンの要素も入れた方が良いということ。

指導者の初めたころの研修で、日本の練習にゴールをゆらすTRが日々必ずあるか?という命題がありました。

育成年代からゴールネットを揺らすようなTRメニューを意識する、GKをつけたTRを増やすことが現場レベルでは大事かなと感じました。

練習しないとシュート入らないもんな…

練習しないとまっすぐパスできないもんな…

日々勉強と研鑽です。

もっとTRメニューをどんどん載せよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました